dementia

2021年08月08日(日)

ぴぃちゃん号の調子が悪い。
具体的には、

・エンジンかかりにくい
・かけてすぐにギアをリアに入れると止まる
・ブレーキを踏んで減速すると「ガガガ」ってなる。

平成12年式でまもなく17万キロ。
寿命も近いのかなと思っていた矢先に
エンジンオイル切れのランプが点滅し始めた。

急いで行きつけの「キグナス上吉沢」へ。
ついでに右だけ消えている前方スモールランプも見てもらおう。


店員さん「げんさん、やばいよ」
ぼく「なにが?」
店員さん「3リットルのエンジンオイル、残り0.5リットルだよ」
ぼく「普通どれくらいでランプつくの?」
店員さん「半分くらいじゃない」
ぼく「このまま気づかずに走ってたらどうなるの?」
店員さん「いきなりエンジン壊れて止まるよ」

フラッシング+オイルエレメント交換+3リットル補充で6,820円。

この値段で済んでよかった。
我が家は、キッチンカーが自家用車だから
壊れちゃったら、最後。
走ればなんでもいいってわけじゃないんです。

アラートが、ギリギリになって初めて点滅するなんて
なんか、ボケ始めたおじいさんみたいな車です。

前方スモールランプは軽く蹴ったら点くようになりました。
これまた、おじいさんっぽい。

dementia

店主プロフィール

自閉症スペクトラムのフレンチトースト屋さんGENです。1970年10月21日生(日座中殺)。大磯吉田邸の岩場で1人マイペースにサーフィン。同じ障害で悩んでいる方に温かい波が伝わるように楽しく笑顔で生きています。夢はワンコの保護施設を創ること。


最新1週間の記事

年月別記事