免疫介在性多発性関節炎

2020年03月20日(金)

大磯源二、兜岩裏からのグーフィー。
小さいけど形いいし、ノーバディー。
30分集中して入ってすぐ上がりました。

朝一で病院から連絡を頂き、くぅちゃん、非常に元気になり退院。
ステロイドのお薬がバッチリ効いたみたいで、
診断名は「免疫介在性多発性関節炎」。

中年齢の小型犬に多い病気で、ミニチュア・ダックスは好発犬種の1つです。

発熱(39.5℃以上)、元気や食欲の低下、
関節の曲げ伸ばしを嫌がったり、
正常な関節よりあまり曲がらなくなったりします。

何はともあれ、無事に退院出来てホッとしました。
2種類のお薬を4日分で様子を見ます。
そして、お薬が切れた4日後に血液検査しに行ってきます。

くぅがいない我が家は、リーダーを失った群れのよう。
もん、ちな、不安そうでした。
帰ってくるなり、ちなはくぅに舐めてもらっていました。
もんは、くぅの匂いを嗅いで安心していました。

今回も先生の判断と、くぅの生命力に助けられました。
ご心配して下さった皆様、ありがとうございます。

免疫介在性多発性関節炎

Profile

自閉症スペクトラムのフレンチトースト屋さんGENです。1970年10月21日生(日座中殺)。大磯〜辻堂辺りでサーフィン。副業でWEB制作。同じ障害で悩んでいる方に温かい波が伝わるように楽しく笑顔で生きています。


New Posts

Archives

2020年03月(29)

2020年02月(29)

2020年01月(31)

2019年12月(31)

2019年11月(30)

2019年10月(31)

2019年09月(30)

2019年08月(31)

2019年07月(31)

2019年06月(30)

2019年05月(31)

2019年04月(30)

2019年03月(31)

2019年02月(28)

2019年01月(17)