坂井田院長

2021年01月31日(日)

もんちゃん、無事でした。
ワンコの場合、吐いた時など、血便はたまにあるそうなので心配無さそうです。
念のため3種類のお薬を5日分処方していただき、早速飲んでいます。
その後は、下痢も嘔吐も血便もなく、いつも通り過ごしています。

約半年振りの、りょう動物病院でした。
それまでは毎週のようにくぅと通った病院です。
病院に向かう道のり、駐車場、入り口、どれもがくぅとの想い出に満ちていて、
否が応でも胸に支えるものが込み上げてきます。

しかし、この切ない感情は、院長先生の笑顔のお出迎えで一気に吹き飛びました。

いやー久しぶりです。
ご無沙汰しています。
会いたかったです。(謎)

このような会話をどちらからともなく交わし、もんを診察してくれました。

表情をみて、リンパ節が腫れていないか、お腹に力が入っていないか、どこか痛がる場所がないか、くまなく触診し、聴診器で心臓の音を確認してくれます。

レントゲンやエコー、血液検査など一切なしです。

動物に負担がかからぬよう、飼い主に金銭的な負担がかからぬよう、その時の病状に応じて判断を下し、的確な処置を施してくれます。

次回行くのは春かな。


昨年は、ちなが狂犬病注射で具合が悪くなったのと、
もんが高齢なため何かあってはいけないので、
狂犬病とワクチン注射はスキップします。
そのかわり、フィラリア検査の血液バッチテストに合わせて年1回の健康診断をしてもらいます。

このような安心な提案をしてくれたのは、何を隠そう、坂井田院長です。
真の「かかりつけ医」とはこのような先生のことを差す言葉でしょう。
稀に見る本物の「医療従事者」です。

坂井田院長

店主プロフィール

自閉症スペクトラムのフレンチトースト屋さんGENです。1970年10月21日生(日座中殺)。大磯吉田邸の岩場で1人マイペースにサーフィン。同じ障害で悩んでいる方に温かい波が伝わるように楽しく笑顔で生きています。夢はワンコの保護施設を創ること。


最新1週間の記事

年月別記事