14年と48日、ありがとう。

2020年07月30日(木)

ぴぃ「げん、おぼえてる?」
ぼく「なに」
ぴぃ「14年前、くぅが家族になった日、私が言っていたこと」
ぼく「なんて言ったの」
ぴぃ「この子は、ウチ達が50歳になる年に気をつけなきゃいけないんだよって言ったの」


昨日行きつけの「りょう動物病院」が休診日でした。
とても1日待てる状態ではなかったので
近所にある「こゆるぎ動物病院」が開いていたので電話してから伺いました。
https://co-beach-vet-hosp.com/

午前の診療で、
膵炎による高熱と痛みと吐き気を抑える点滴を打って
一旦お家に帰るということになりました。

容態が急変したのは夕方16時すぎ。
高熱による痙攣で意識がハッキリしない。

再度病院へ。
すぐに診てもらいました。
待合室に居ると、看護師さんが血相を変えて飛び出してきました。

「中へお入り下さい!」

診察室の奥にある緊急治療室には、既に呼吸停止し、意識のないくぅ。
心臓は自力で動き、脈はしっかりとあります。
くぅ、生きています。

ぴぃをくぅに会わせるため、一度その場を離れ、桝屋に向かい、
なおちゃんに事情を説明し早退させて頂き、すぐさま病院へ戻りました。

ぴぃ「大丈夫。くぅは待っててくれる」
必死に涙を抑え、気丈な態度を見せるぴぃを直視出来ません。

飛び込むように病室に入るぴぃが、スローモーションのように見えます。
診察台に駆け寄る、ぴぃ。
くぅに一生懸命呼びかけるぴぃの姿が涙でにじんで、まるで磨りガラス越しに見ているよう。
くぅ、待っていたかのように心臓が止まりました。

その瞬間、くぅのタマシイが僕達のカラダの中へ入り
これから先、永遠にずっと、何処にでも一緒に行けるようになりました。

もう痛くないし苦しくないよ、くぅちゃん。

14年と48日、ありがとう。

Profile

自閉症スペクトラムのフレンチトースト屋さんGENです。1970年10月21日生(日座中殺)。大磯〜辻堂辺りでサーフィン。副業でWEB制作。同じ障害で悩んでいる方に温かい波が伝わるように楽しく笑顔で生きています。


New Posts

Archives

2020年08月(15)

2020年07月(31)

2020年06月(30)

2020年05月(31)

2020年04月(30)

2020年03月(31)

2020年02月(29)

2020年01月(31)

2019年12月(31)

2019年11月(30)

2019年10月(31)

2019年09月(30)

2019年08月(31)

2019年07月(31)

2019年06月(30)

2019年05月(31)

2019年04月(30)

2019年03月(31)

2019年02月(28)

2019年01月(17)